UK発祥のグライムとヒップホップの違いとは?

グライムMCs Style

注目度が高まるグライム

 

先日アイルランドで行われた最高峰の音楽賞”マーキュリー賞”では、デヴィッド・ボウイレディオヘッド、日本でも人気急上昇中のThe 1975を抑えてグライムMCのスケプタ(Skepta)が受賞しました。

 

 

上のビデオ(8’30頃〜)はスケプタのパフォーマンスの様子ですが、少し聞いただけではヒップホップとの違いがあまりわかりません。

 

では、UK発祥のグライムとヒップホップの違いはなんでしょう?

 

グライムとヒップホップの違い

 

−ヒップホップ

ゲットダウン 2

(Via: http://casabrutus.com/culture/26082

 

ヒップホップは、1970年代初頭に、ブロンクスのブロック・パーティで生まれました。

JBを代表するファンクミュージックが全盛だった当時、パーティではブレイク・ビーツ(間奏)が一番盛り上がっていました。それに気づいたDJが、同じレコード2枚を2台のターン・テーブルで繋いで、ブレイク・ビーツを長く保ち、観客を楽しませました。

 

そのブレイクビーツに合わせて喋り、客を盛り上げるMC(=ラッパー)がラップのルーツと言われています。

 

こちらはヒップホップのルーツに迫ったドラマ『ゲットダウン』。ウィル・スミスの息子が出演しています。

 

 

−グライム

グライムMC

(Via: https://iflyer.tv/ja/article/2016/05/23/drake010/

 

1999年イーストロンドンのスラム街で流れていた海賊ラジオの放送でワイリー(Wiley)というMCが、ジャングル(テクノ系レゲエ)のビートに乗せてラップをしたことがグライムのルーツです。

 

早いビートの上で、早口のラップをするのが主流のスタイルで、グライムでラップをする者は”ラッパー”ではなく”グライムMC”と呼ばれます。

 

イギリスの辞書には

グライム=ダンスホールとヒップホップの要素を融合させたポピュラーミュージックのスタイル

と定義されています。

 

2003年にグライムMCがマーキュリー賞を歴代最年少で受賞し、イギリス全土にグライムというジャンルが浸透しました。

 

 

この曲は、イギリスの音楽誌『The Wire』 で “グライム版のAnarchy in the U.K.”と評され、セックス・ピストルズがパンクの到来を示したように、グライムの到来を象徴する曲となりました。

 

グライムとヒップホップのクロスオーバー

 

このように、ヒップホップは40年前にニューヨークで、グライムは15年前にロンドンで生まれたという違いはありますが、どちらも貧困層から生まれた背景や、ラップをすること、音も似ていることから、両者のアーティストが今、接近し始めています。
 
2015年のブリット・アワードでのパフォーマンスで、いま世界で最も影響力のあるアメリカ人ラッパーカニエ・ウェスト(Kanye West)が25人のロンドンのグライムMCと共に登場しました。
 

 
このパフォーマンスの中には、前述のスケプタワイリーが所属する”Boy Better Know(略称”B B K”)”というクルーのメンバーが多く居ましたが、この”B B K”が今年2月にカナダ人ラッパー、ドレイク(Drake)と契約を結んだことを明らかにしました。
 
ドレイクの肩にBBKのタトゥーが彫られていることが話題に。

スクリーンショット 2016-10-05 18.47.36

 
また、この”BBK”は、Diorのモデルも務める世界的ファッションアイコンのラッパーエイサップ・ロッキー(A$AP Rocky)ともライブで共演。
 
彼の最新アルバム曲の半分はロンドンでレコーディングされ、グライムのテイストが色濃く映し出されています。
エイサップ・ロッキーに関しての記事はこちら
 
世界的なアーティストと結びついたグライム。
一つのジャンルとして世界中でブレイクすることは間違いなさそうです。