UKのアーティスト養成学校「ブリットスクール」とは

ブリットスクール2 History

ブリットスクール

 

ブリットスクールは、英国政府が1991年に創立したパフォーマンス・アートとメディア教育のみに焦点を絞った英国唯一の無償学校です。

 

現在、14歳〜19歳の約1200人の生徒が在籍していて、これまでに多くの有名ミュージシャンを輩出。

世界的に活躍するアーティストを育成し続ける英国の「アーティスト養成学校」です。

 

 

ブリットスクール出身者

 

アデル

 

アデル adele

 

 

エイミー・ワインハウス

 

エイミーワインハウス amywinehouse

 

 

ケイト・ナッシュ

 

ケイトナッシュ kate-nash

 

 

リリー・アレン

 

リリー・アレン LILY_ALLEN

 

 

レオナ・ルイス

 

レオナルイス Leona_Lewis

 

 

ジェシー・J

 

ジェシー・J

 

 

キング・クルール

 

king krule キング クルー

 

 

学費がすべて無料

 

一般的に芸術系の学校は高額な学費がかかりますが、ブリットスクールは、政府とパートナー企業による助成金により、全過程が無料

貧しい家庭に生まれた子供にも、平等にチャンスが与えられています。

 

パートナー企業には、イギリス版グラミー賞と言われている「ブリット・アワード」を主催する英国レコード産業協会。

ブリットアワードは、”学校のための資金集め”としての役割も担っています。

 

その他、ギターのギブソンショッピングモールの運営会社化粧品会社からは、現物支給の援助が行われていて、それぞれ、ギターイベント会場化粧品 が生徒に無償で提供されています。

 

才能のコラボレーション

 

ブリットスクールの専攻は、全部で9つのコースがあり、音楽、演劇、ダンス、映像、アートワーク、プロデュース、マーケティング、ファッションやゲーム、アプリまで、あらゆる分野を学ぶことができます。

学校の中にはアートスタジオ、大道具の制作工房、テレビ、ラジオの放送局のほか、ビートルズのほぼ全作品をプロデュースし、「5人目のビートルズ」と言われていたジョージ・マーティンが建てたレコーディング・スタジオもあります。

 

そんな多分野な学校で、異なる専攻の生徒同士が1つのプロジェクトでコラボレーションすることは日常で、アデルのデビューアルバム『19』のジャケットのアートワークは元同級生が手がけています。

 

アデル19

 

専攻以外を大事にする

 

ブリットスクールは、音楽やアート、演劇などの専攻の授業と同等に、数学や社会、歴史、科学といった科目を学ぶことを大切にしていて、学習を義務化しいます。

 

中には生徒の興味を引こうと「Maths Move Science」と題された、ダンスと数学を融合させたプロジェクトもあり、ロールスロイス社が主催する教育に関する科学賞も受賞しています。

 

 

また、13歳の時に、それまで引きこもりがちで、学校を転々とした末にブリットスクールへ来たキング・クルーは、

アカデミックがアートを支えてくれた。ブリットでようやく社会と上手くやっていけるようになった。

と語っています。

 

 

また、音楽専攻の生徒の99%は、卒業したらすぐにプロとしてのキャリアをスタートさせますが、彼らが社会的に直面する問題に対応できるように、コピーライト契約関係などのビジネス面においての科目が必修となっています。

 

そして、技術以上に大切にしているのが、「親切な人間であること」と同校の校長は言っています。

これは、相手に対しての親切心がなければ、サポートしてくれるチームの信頼は得れず、成功を続けることは難しいという考えからだそうです。

 

アデルは在学中、「決して目立つ生徒ではなかった」と言われていますが、人一倍、協力的でチームワークを大事にする生徒だったそうです。

 

こちらはOBであるジェシー・Jが同校を外旋訪問した際の映像です。

学校の様子が垣間見れます。

 

 

ここには音楽の未来が詰まっている」と言った彼女。

 

UKの現代アートを支えるブリットスクール。

今後もどんなアーティストが誕生し、どんな作品を生み出してくれるのか、楽しみですね。