ボタンダウンシャツの起源とは?

52GBO_1 History

FRENCH CONNECTION のシャツにも多いボタンダウンのシャツ。

 

52GBO_WHT_IND

 

現代ではビジネスからカジュアルまで幅広く愛用されているボタンダウンシャツですが、なぜ襟元にボタンが付けられたのでしょうか?

 

メンズ服の起源には、あらゆるデザインにきちんとした理由があります。

 

ボダンダウンの起源

 

ボタンダウンは、もともとイギリスの上流階級がたしなむポロ競技で着用されていました。

 

ポロ競技

 

騎乗して疾走する際、普通のシャツだと、襟が風に煽られてめくりあがり、顔や首にパタパタと当たってしまいます

また、当時はポロ競技でもネクタイを着用することがあったため、ネクタイの結び目が激しい運動で回ってしまいます

 

以上のことを防ぐため、襟をボタンで留める形状のシャツが考案され、ポロ競技者に定着しました。そのため、ボタンダウンの襟のことを「ポロカラー」とも言います。

 

ちなみに、ポロ競技でボタンダウンシャツが着用されていた頃は、専用の競技シャツがありませんでした。
写真でも選手が着用しているポロシャツは、当初テニスプレーヤー向けに作られたものです。それをポロの選手が着るようになって、「ポロシャツ」と呼ばれるようになったそうです。

 

アイビールックの象徴

 

ブルックス・ブラザーズの創業者の孫が渡英中にポロを観戦した際、ポロ競技者が着ているボタン留めのシャツにヒントを得て、ボタンダウンシャツを商品化。

後にアメリカ東部の大学生の間で大流行となり、アイビールックの象徴として全米に広がりました。

 

アイビールック

 

当時のボタンダウンシャツはエリート階級の象徴。

アイビーリーグの名門ハーバード大学出身のジョン・F・ケネディが、プライベートで愛用していたボダンダウンシャツを、大衆の支持を得るために選挙期間中も大統領就任後も公式の場で一切着用しなかったことは知られたエピソードです。

 

襟をボタン留めすることによって、襟の形が軽く膨らみ、整った印象を与えるボタンダウンシャツは、幅広いシーンで活躍してくれます。

 

FRENCH CONNECTION のオンラインストア でも豊富に取り扱っています。

ぜひ、お試しください。